牧原建治ブログ

kenji44.exblog.jp ブログトップ

空手の稽古怠らず

d0176378_1923525.jpg

空手の稽古怠らず!!年齢は否めませんがやれる事はやります

→トップページはこちら
→「施術処まきはら」ホームページはこちら
→「施術処まきはら」携帯用サイトはこちら
[PR]
# by seitaikenji | 2014-11-03 15:18

影武者ギター

d0176378_20231697.jpg


ブリッツのギター!! 私のメインギターの影武者ギターです!!

→トップページはこちら
→「施術処まきはら」ホームページはこちら
→「施術処まきはら」携帯用サイトはこちら
[PR]
# by seitaikenji | 2014-10-21 20:20

ボストン コンサート

d0176378_1324974.jpg
d0176378_1353968.jpg

10月4日(土)に「ボストン」のコンサートに行って来ました。携帯電話とスマートフォンに限り写真撮影は   OKという珍しいコンサートでした。「ボストン」サウンドはさすがに素晴らしかったです!!♪(^o^)/




→トップページはこちら
→「施術処まきはら」ホームページはこちら
→「施術処まきはら」携帯用サイトはこちら
[PR]
# by seitaikenji | 2014-10-06 13:08

メイン・ギター&サブ・ギター

d0176378_1454467.jpg
久々に登場のギブソンのレスポール・カスタムです。 現在の私のメイン・ギターです。前にも紹介しましたがエース・フレイリーの影響でピックアップをディマジオのスーパーディストーションに交換しています。ルックス的にはジョン・サイクスのブラック・ビューテイーに憧れているのでエスカッションとスイッチワッシャーをクロームにペグをグローバーの102Cのクロームに交換してあります。但し相変わらずミラーのピック・ガードが少し好みではないのでストックのままにしてあります(ジョン・サイクスのファンの方本当にゴメンなさい(^^;)フレットに関しては磨り合わせを何度もしてきましたが、いよいよ限界が来たのでだいぶ前に交換しました。それによってより私の好みになりました。(^^)実は新品のギターではネックサイドのバイディングがフレットの両サイドまでカバーしているのですが弾き方の問題なのですが時々プラスチックの部分に弦があたってしまい音が途切れてしまったのです。しかしフレット交換して今までプラスチックの部分まで金属に変わったので今はそのストレスから開放されました。良いギターというものは弾きこめが弾きもむ程益々愛着が湧いてくるものです
d0176378_15415285.jpgd0176378_15422792.jpg










d0176378_15425575.jpg
もう一つは同じくギブソンのレスポール・スタンダードです。今の段階ではサブ・ギターですがこれもメインに負けない位お気に入りです。以前は購入した時のままでしたがつい先日やはりピックアップをディマジオのスーパーディストーションに交換しました。好みもありますがストックのカバーがあるタイプよりカバーのない方が好みでしサウンドに関してもスーパーディストーションが大好きなのでこの改造によって私の中での株が上がりました(^^)








→トップページはこちら
→「施術処まきはら」ホームページはこちら
→「施術処まきはら」携帯用サイトはこちら
[PR]
# by seitaikenji | 2014-05-25 15:09

サラ・ブライトマンのコンサートに行ってきました

d0176378_2124624.jpg

サラ・ブライトマンのコンサートに行ってきました。ケルティック・ウーマン以来の大感動です!!私は元々ハード・ロックが好きなのですが・・・最近はハード・ロックのコンサートに行っても以前のような大感動がなくなっています・・・もちろんハード・ロックが好きという事に変わりはありませんが以前のように感動させてくれません・・・クラシカル・クロスオーバーのコンサートに行くと忘れていた音楽をの感動を思いださせてくれます!!

→トップページはこちら
→「施術処まきはら」ホームページはこちら
→「施術処まきはら」携帯用サイトはこちら
[PR]
# by seitaikenji | 2013-07-13 21:09

ストレッチ頑張りましょう


d0176378_18565326.jpg


ストレッチ頑張りましょう

→トップページはこちら
→「施術処まきはら」ホームページはこちら
→「施術処まきはら」携帯用サイトはこちら
[PR]
# by seitaikenji | 2013-06-20 18:57

JCM900-4101&1912キャビネット

d0176378_103817100.jpg


JCM900-4101と1912キャビネットです。今の私の現在のメインアンプは文句なしにJMD:1ですが、その前にメインとして使っていた物です。今はサブ的な位置になっていますが気分転換として頻繁に活用しています。
JCM900は名機JCM800の後継的なモデルとして出たのですがJCM800があまりにも名機だったせいか評判としてはなんとなく低かったかもしれません。
でも私の好きなギタリストの一人であるKISSのエース・フレイリー(エースはスタックタイプを使っていますが)も使っていますからやはり私にとっては思い入れのあるギターアンプです。好みはありますが私は好きです(笑)ただディストーションの音が大好きな私としてはギターからストーレートに繋いだ時はもう少し歪が欲しいと感じているのでBOSSのOD‐3で少しだけブーストして使っています。
1912キャビネットは低音が魅力です。一時生産終了されましたが最近再生産されるようになった事も考えればやはり人気があったのでしょうね!!
JCM900-4101と1912は名コンビです

→トップページはこちら
→「施術処まきはら」ホームページはこちら
→「施術処まきはら」携帯用サイトはこちら
[PR]
# by seitaikenji | 2013-05-25 10:42

タワーリング・インフェルノ Blu‐ray

d0176378_1448663.jpg

タワーリング・インフェルノのBlu-rayをよく観ています
タワーリング・インフェルノはアーウィン・アレンが製作した超高層ビルの火災を描いた史上最高のパニック映画の超大作です。

元々DVDで持っていましたが(もっと古くから言えばLDでも持っています)画像の鮮明の事を考えてみればやはりBlu-rayで観たいと思い何年か前に発売前からわくわくしながら予約購入しました。
この映画本当に大好きです。当時はまだ小学生の私でしたが未だに私の好きな映画ベスト3には確実に入っています。当時スティーブ・マックィーンとポール・ニューマンの二大スターの共演で大変話題になったものです。未だにスターが共演する映画があるとこのタワーリング・インフェルノが引き合いにだされる事がありますがその位今でも映画ファンの間でも語り継がれる名作という事なのでしょうね。音楽も巨匠ジョン・ウィリアムスが映画を一層盛り上げています。

スティーブ・マックィーンのファンならやはり「大脱走」「栄光のル・マン」などを挙げたいと思いますが私はこのタワーリング・インフェルノのマックィーンが大好きです。(誤解のないように言えばもちろん大脱走のマックィーンも好きです)おそらくこの映画の消防隊長の役をマックィーンがやっていなかったらここまでこの映画に傾倒しなかったと思います。その位適役だと思いました。マックィーン以外にこの役をやれる人は当時いなかったと思います。

数年前にサンフランシスコの大学に仕事の必要性から解剖学の実習に行った時にこのタワーリング・インフェルノの舞台になったモンゴメリー通りに自由時間を使って行ってみましたが撮影現場のビルディングやラストシーンでマックィーンとニューマンが話しをする階段を見て感激しました。

この映画が始めてテレビで放送された時残念だったのは火災が起きる「グラス・タワー」を「タワービル」舞台の「モンゴメリー通り」を「セントラル通り」と言っていた所です何故そんな事をするのでしょうか?ファンとしてはこういう所もこだわって欲しい所です。

タワーリング・インフェルノはよくリメイクされる事を希望される映画の一つのようですが、その必要性があるのでしょうか?「ポセイドン・アドベンチャー」も「スーパーマン」もリメイクして失敗??したし・・・今のCG技術を使えばもっと映像的には凄くなると思いますがそれでも・・・勿論リメイクされればミーハーの私ですから絶対観に行きますが(笑)


ネットでもリメイクされたらマックィーンが演じた消防隊長役をブラット・ピットにニューマンが演じた建設設師役をトム・クルーズにという意見を見ました。色々想像するのも楽しいものですね。私だったら消防隊長役を若い頃のハリソン・フォード、設計技師役を若い頃のケビン・コスナーなんて想像したりもしています。ただやっぱり私にとりましては想いが強すぎるマックィーンとニューマンのコンビには決してかないません。

タワーリング・インフェルノはこれからもずっと好きな映画として私の心に残るでしょう



→トップページはこちら
→「施術処まきはら」ホームページはこちら
→「施術処まきはら」携帯用サイトはこちら
[PR]
# by seitaikenji | 2013-05-23 14:54
line

趣味の音楽を中心に日常の出来事を紹介します。


by seitaikenji
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30